シンエイククリーム:トップ > シンエイクの副作用
シンエイクの副作用について。
シンエイク配合クリームがシワ専用化粧品(美容液)として注目されています。
公式サイトはこちら→SiBODY

シンエイクの副作用って?

「塗るボトックス」の異名があるように、ボトックス注射に代わるお手軽なシワ伸ばし法として、シンエイクが俄然注目を集めています。
そのエキスが配合されたシワ取りクリームなどは、ネット通販でも注目度大の商品です。
この手の美容成分が登場する度に、副作用の心配はないか、心配する向きは必ずと言って良いほどあるものです。

これまでのところ、シンエイクで深刻な健康被害が発生したなど、副作用は報告されていません。
正式名称は「ジ酢酸ジペプチドアミノブチルベンジルアミド」で、アミノペプチドが連なった美容成分です。安全性も臨床試験で確認済みです。

シンエイク...蛇毒ですから副作用って気になります

シンエイクを開発したのは、スイスの世界的な医薬品メーカーのペンタファーム社です。
蛇の毒の筋肉弛緩作用をヒントに、シワ改善に応用すべく、研究・開発が続けられてきたものです。
蛇の毒を使うと聞いて、副作用が容易に連想されるのは、無理もないことかもしれません。

現在、世に出ているシンエイクの大半は、天然のものと同一の成分を人工的に合成せれたものです。
ペンタファーム社は、副作用の心配をしなくても済むよう、あえて天然のものと同一の構造を持つ人工の成分を開発したとあります。
塗るボトックスというキャッチコピーも、インパクトを与えると同時に、ボトックス注射に結び付けられやすくする要因なのでしょう。
特に、注射でトラブルに遭った経験があったりしたら、副作用の不安はどうしてもぬぐえないものです。
シンエイクは、ボトックス注射と比較すれば、肌に穏やかに作用していくものです。
その分、即効性には欠けるきらいがありますが、安心して使えるメリットは、それだけでも魅力的です。

セレブも愛用、注目のシンエイク配合クリーム
公式サイトはこちら→SiBODY

イデアアクト リンクルボトセラム
IT用語